京都格安ホテルランキング

京都の名産品いろいろご紹介!

京都は観光地だけでなく、名産品がたくさん揃っています。京都土産にぴったりなおすすめ名産品情報を集めました。

京都の名産品情報

>

京都にはたくさんの名産品が

京都は観光地もそうですが、名産品がたくさんあるのも特徴です。 今では京都発祥の食べ物はあちこちの地方でも見られるようになりましたが、一部の名産品は京都でないと食べられないことが多いです。 京都に旅行へ来たからこそ味わいたい、お土産にもぴったりな絶品の京都名物について紹介します。

八ツ橋

知る人ぞ知る京都名物のお菓子、八ツ橋。ほとんどの観光客がおみやげに買って帰るほどの人気商品です。

米粉や砂糖が原料で、この生地を焼き上げない「生八ツ橋」と、焼き上げた「八ツ橋」、
餡を入れた「餡入り生八ツ橋」といろんなレパートリーが揃っています。

基本的にシナモンを混ぜて作られていますが、
最近は抹茶味やチョコレート味、イチゴ味など、種類も増えてきています。
駅の売店などで購入できます。

ちりめん山椒

山椒の実とちりめんじゃこを炊き合わせた京都の名産品です。白いご飯によく合います。

基本は酒、醤油、みりんなどで味付けして作られますが、
最近ではいろんなバリエーションが増えてきています。
「しののめ」「はれま」「やよい」がちりめん山椒製造の御三家と言われていますが、
最近は製造会社が増えたので、料亭や漬物店、百貨店などでも購入できるようになっています。

千枚漬け

京都生まれの漬物です。蕪を薄く切って昆布、唐辛子とともに酢漬けにしたものになります。

蕪は京野菜の1つである聖護院蕪を使っています。
聖護院蕪の生産時期(11月?翌年3月)に合わせて漬け込みが行われるので、
販売時期もその期間に限定されます。冬を代表する漬物の1つです。

木の芽煮

鞍馬寺門前の名産品です。山椒の葉と実に昆布を加え、
長時間醤油で煮て作る時雨煮の1つです。
山椒と昆布の香りが食欲をそそり、白ご飯によく合います。山椒と昆布以外にも、
蕗や松茸、しめじなどを入れるものもあります。

現在製造しているのは鞍馬で5軒ほどですが、デパートや通販などでも入手可能です。

大徳寺納豆

一般的な納豆とは少し違い、味噌や醤のような
風味のある粘り気のない納豆です。古来製法の納豆の一種になります。

酒の肴やお茶請けとしても用いられる他、調味料としても使うことができます。
一部のお店では大徳寺納豆を使ったお菓子が作られており、幅広い使用方法があります。 北区にある大徳寺門前で生産されているため、大徳寺納豆と呼ばれます。
今ではあちこちのお店でも売られています。

蕎麦ぼうろ

蕎麦で作ったクッキーです。飽きの来ない素朴な味わいが評判を呼んでいます。

丸太町駅の近くにあります、かわみち屋で製造されており、
丸太町の本店で買える他、通販や百貨店でも購入することができます。 おみやげの他、お茶請けのお菓子にもぴったりなのでとても大人気です。
小さいサイズの「そばの露」という蕎麦ぼうろも販売しています。

京ばうむ

抹茶と豆乳を使ったバームクーヘンです。とてもしっとりした優しい味わいになっています。

京都駅で販売されており、百貨店ではあまりお目にかかれないので気をつけてください。
発売されて数年しか経っていませんが、京都のお土産として強い人気を呼んでいます。